マイセンの歴史

マイセンの歴史

マイセン。ドイツマイセン地方で制作される美しい陶磁器です。マイセンの歴史は、はるか18世紀初頭にさかのぼります。当時贅の限りを尽くしていたヨーロッパの貴族たちは、17世紀に東洋から『日本の絵付け磁器』などが輸入されると、『東洋に負けない磁器を作ろう』と研究を始め、1709年マイセン・アルブレヒト城の実験炉で、ヨーロッパ初の硬質磁器『マイセン磁器』が誕生したのです。

マイセン磁器の基盤を作った二人の人物

こうして、誕生したマイセン磁器を発展させ、今の『マイセン』にしたのが、天才絵付師と称されるヨハン・グレゴリウス・ヘロルト、そして、彫刻家のヨハン・ヨアヒム・ケンドラーのふたりです。ヘロルトの描いた菊や牡丹など東洋的な主題の『インドの花』シリーズは、現在にも続くロングセラーとなり、ケンドラーは、作品の主題をザクセン宮殿の生活の中に見い出し、『クリメリン群像』の15の連作など多くの名品を残しています。

日本陶磁器の影響を受けたマイセン磁器

  • そもそも、その開発過程で、日本の陶磁器を徹底研究した『マイセン磁器』は、多分にその影響を受けています。 原料にカオリンを使い1200度の高温で焼成する手法も日本から学びました。その初期の作品には、日本の模倣も多く見られます。彼らが主にお手本としたのが、柿右衛門様式と豪華な装飾を持つ伊万里の磁器でした。日本の磁器は、マイセンと深いかかわりを持ち、日本陶磁器が、マイセン磁器を完成させたと言っても過言ではないでしょう。

品質の証明、マイセンの『双剣のマーク』

  • マイセン磁器制作所は、ヨーロッパでの磁器産業のパイオニアでした。そのため、早くから偽物がしばしば現れ、その防衛措置が必要となりました。そこで、製品が本物で有る事を証明するため、マイセン磁器にはザクセン候の衣類の腕につけられていた意匠から来た有名な青い剣の商標が付けられることになったのです。


    このコバルトブルーのマイセン窯印は、シュベルターと呼ばれる窯印を描くことを専門とする絵付師によって、一点一点手書きされます。王家の紋章である剣の描き方は、歳月と共に微妙に変化があり、剣の交差する位置もしばしば上下に移動、さらに、星形や点、弓形などのマークを双剣に書き添えられた物も現れました。こうした窯印の変遷は、作品の制作年代決定手段の一つとなっています。